カンディハウス [木工家具 ]  × ロウエッジズ
カンディハウス [木工家具 ]  × ロウエッジズ
カンディハウス [木工家具 ]  × ロウエッジズ
カンディハウス [木工家具 ]  × ロウエッジズ
カンディハウス [木工家具 ]  × ロウエッジズ

JC23 カンディハウス [木工家具 ] × ロウエッジズ

R&D 倉本仁

“Crust”

豊かな木材から発想する要素を統合した新しい家具

北海道には美しい森林がある。その良質な資源をそばに持つ旭川で木工業が盛んになったのは自然なこととも言えるが、この地で生産される家具が「旭川家具」として世界的にも信頼されるに至る背景には、資源の力だけでなく、人の情熱がある。技術を育て受け継ぐこと、先端機械を生かすこと、デザインを追求すること、そして木を尊ぶことへの情熱が、惜しみなく注がれ続けている。この精神を築いた家具メーカーのひとつがカンディハウスだ。熟練の手仕事と最先端の機械加工を駆使しながら、限られた天然資源をできるだけ無駄にせずに美しい家具をつくる工場を目の当たりにしたロウエッジズ(Raw-Edges)は、ここで50年かけて培われたカンディハウスの個性を核にしながら、今だからこそできる新しい表現を探ることを考えた。丸みのあるフォルムに落ち着いた色彩が施された家具シリーズは、カンディハウスの製品群において新鮮味を静かに放ちながらも、馴染む存在になるはずだ。

資源の価値を家具に最大限に生かすカンディハウスは、節や割れを生かした「一本技」というシリーズも展開している。

プロセス1

工場内を見学するロウエッジズのシャイ・アルカレイとR&Dの倉本仁氏。広い工場内には家具づくりの各工程が整然と続く。

プロセス2

木材のさまざまな加工を可能にする最先端の機械を備える。

プロセス3
プロセス4

最先端機械による加工の一方で、熟練した職人による細やかな手仕事が欠かせない。

プロセス5

美しく仕上げられた椅子の背板のパーツ。ロウエッジズのアルカレイはその美しい木目の現れ方に注目した。

プロセス6

カンディハウスの重要なパートナーでもある旭川市内の昭和木材。北海道内の木材のほか、各地の良質な木材が豊富に積まれている光景は圧巻。

プロセス7

カンディハウス

北海道・旭川に本社、工場を構える家具メーカー。1968年の創業時から、できる限り北海道の木材を使い、和の美意識から生まれるデザインと繊細な機能を持ち合わせた美しい家具をつくっている。

ロウエッジズRaw-Edges

2007年にヤエル・メール(Yael Mer)とシャイ・アルカレイ(Shay Alkalay)がロンドンを拠点に設立したデザインスタジオ。遊び心と好奇心を欠かさないアプローチから生まれる色、柄、動きのあるデザインが真骨頂。

カンディハウス
カンディハウス
ロウエッジズ
ロウエッジズ